スターバックスの秘密

HOME

HOME

素タバの豆の秘密

スタバの豆の秘密

スタバのサービス

スタバのサービス

スタバを家で楽しむ

スタバを家で楽しむ



home  sitemap


スターバックスの生産地への貢献活動の秘密


スターバックスでは、コーヒー豆の品質を維持しながら、生産者や生産地とスターバックスが互いに長期にわたって成長できる関係を築くため、生産地への社会貢献を行っています。

1989年、世界有数の国際協力NGO団体CAREの役員がスターバックスを訪れ「コーヒーの世界」というパンフレットを見つけました。
CAREが救援活動をする国々とスターバックスのコーヒーの生産地がほぼ一致することに気づき、スターバックスの取締役デイブ・オルセンにコンタクトを取りましたs。
コーヒーの生産者の暮らしがいかに貧しいかを痛感していたディブは、「栽培農家を援助すれば、高品質なコーヒー豆の栽培を奨励できるとともに、その地域の経済も支援できる」と考えました。
そうして、スターバックスは、1991年から、CAREを通じた支援活動を開始しました。

スターバックスの生産地への支援

スターバックスは、生産者に対する経済面での援助や公正な取引を行い、長期的な契約を結んでいます。
世界で生産されているコーヒー豆は、取引市場で売買され、相場商品なので、価格が常に変動しています。

スターバックスでは、生産者へ利益が還元されるように、市場価格より高い価格でコーヒー豆を購入しています。

また、スターバックスは、生産地の環境・社会・経済において社会的責任を担いながら、高品質なコーヒー豆を生産し続けることができるよう、スターバックスと生産者が公正な取引を行うためのオリジナルのガイドラインを設けています。

スターバックスは、コーヒー生産者は大切なパートナーとし、また、高品質なコーヒー豆を安定して手に入れるためにも、生産者が運営資金を低い利率で借りられるようにサポートしています。このため、生産者は、高品質なコーヒー豆の栽培に専念できます。

コスタリカでは、「ファーマーサポートセンター」を設立し、技術支援は、農業経営学の指導を行っています。

スターバックスは、コーヒー栽培に関するサポートだけではなく、地域社会の生活の水準、住居や診療所、学校、道路や清潔な水の確保などのライフラインなどの向上を目的とした社会開発プロジェクトへの投資も行っています。