スターバックスの秘密

HOME

HOME

素タバの豆の秘密

スタバの豆の秘密

スタバのサービス

スタバのサービス

スタバを家で楽しむ

スタバを家で楽しむ



home  sitemap


スターバックスの豆の秘密

コーヒーの木は北回帰線と南回帰線に挟まれた地域で育ちます。

アラビカ種は、このエリアの中亜でも標高900m以上の限られた高知でしかとれません。
冷涼な空気と豊かな火山性の土壌によって、時間をかけて熟し、他のコーヒーに比べて、遙かに洗練された風味をもつものに育ちます。

スターバックスは、この高品質のアラビカ種のみをしようしています。

スターバックスのバイヤーたちが、ラテンアメリカやインドネシア、アフリカ、アラビア半島などの各生産地を旅して、栽培農家と直接合って、コーヒー豆を厳選しています。

スターバックスのロースト

スターバックスのローストは、コーヒー豆の一粒一粒のおいしさを最大限に引き出す焙煎方法です。

スターバックスが理想としているおいしさを生むことができる深煎りでローストしています。
この深煎り耐えられるのは高品質のアラビカ種のみなのです。
コーヒーのローストには、とても微妙な調節を必要とするため、プロのロースト職人がその時々のコーヒー豆に最適な温度や、時間でローストしています。
このこだわりこそがスターバックスのおいしさの秘密です。

スターバックスのカッピングの秘密

カッピングとは、職人の風味テストこのことです。
スターバックスでは、コーヒーのプロたちが、カッピングで風味テストを行います。

一日に200〜500はいものカッピングを繰り返す厳しいテストです。
このことによっても、スターバックスのコーヒーの確かな品質が保たれているのです。

スターバックスのパッケージの秘密

スターバックスのパッケージの中心には小さなバルブがあります。これは、外気を入れずにコーヒー豆から出る二酸化炭素を外に出すためのもので、「フレーバーロック」といいます。
焙煎時の鮮度はこのバルブによって保たれます。

スターバックスのおいしさの秘密

1.香り
コーヒーのおいしさを最初に伝える香りです。味覚の多くは、香りによって作られています。
2.酸味
口の中をサッパリさせる酸味。酸っぱさとは違い、スッキリ感のことです。
3.コク
コクとは、下で感じる重量感や濃厚さのことです。軽い物から重い物まで色々あります。4.風味
風味とは香り・酸味・コクの総称です。この風味でコーヒーの印象が変わります。

スターバックスの豆の種類

ラテンアメリカ

ラテンアメリカのコーヒーは、サッパリとしていて、鮮やかな酸味があり、バランスがとれていて、ココアやナッツのような風味があります。
種類には、マイルドな風味のブレックファースト ブレンド、ミディアムのシェイド グロウン メキシコ、コロンビア ナリニョ スプレモ、ハウス ブレンド、グアテマラアンティグアがあります。
ハウスブレンドは、スターバックスを代表する一番の人気商品で、程良い酸味と香ばしいナッツのような風味が特長です。

アフリカ/アラビア

コーヒー発祥の地で、個性的なコーヒーです。ベリー系やスパイス、柑橘系、チョコレートなどの多彩な香りが特徴です。
種類には、エチオピア シダモ、ケニア、アラビアン モカ サナニがあります。

アジア/太平洋地域

ハーブやスパイスの風味を持つインドネシア産、バランスの良い太平洋の島々のコーヒーなど、多種多彩な味わいです。
種類には、スラウェシ、コモド ドラゴン ブレンド、ディカフェ コモド ドラゴン ブレンド、スマトラなどがあります。

*******************

複合地域のブレンドは、世界中から厳選した上質なコーヒー豆を買い付け、組み合わせて、香りや風味の魅力を引き出しています。

ラテンアメリカコーヒーとアフリカコーヒーのブレンド、「カフェ エスティマ ブレンド」、ラテンアメリカ産とインドネシア産のブレンドの「ユーコンブレンド」、カフェベロナ、ラテンアメリカ産コーヒーとインドネシア産コーヒーにイタリアンローストを加えた「ゴールドコースト ブレンド」などがあります。