LINKS
ARCHIVES
TAGS
立ち姿勢と肩こり
肩こりは、姿勢が悪さも原因のひとつになってきます。

猫背などの悪い姿勢は、肩に疲労物質がたまりやすく、肩こりを起こしやすくなります。

立っているときの姿勢は、背骨のS字カーブを意識することが大事で、頭のてっぺんが天井にひっぱられるようなイメージを思い浮かべて立つとよいです。

肩の力を抜いて、首と背中を伸ばして立つと、首や肩、背中に無理な力が入ることがなくなるので、肩こりの解消や予防につながります。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<石鹸シャンプーの使い方 | コラーゲン >>