LINKS
ARCHIVES
TAGS
プリン体
プリン体って、なんかプリンみたいでおいしそうだしかわいいんですが、いったいなんなんでしょう。

プリン体は、細部内の遺伝子を形作る核酸を構成する成分の一つです。
人間の体はもちろん、植物や動物などさまざまな生物の細胞にあって、ほとんど全ての食品に含まれています。
特にプリン体の多い食品は、レバーや白子、うに、エビ、カニなどです。

プリン体は分解されて尿酸に変わりますが、尿酸が増えすぎると、高尿酸血症になり、痛風を引き起こします。
痛風は歳をとった人の病気と思われていますが、最近食生活の欧米化が進むにつれ20~30代の痛風が増えています。

痛風は、患者の90%が男性です。痛風とは高尿酸血症が原因で起こる関節炎。その炎症は足の親指に多く起こります。一般的には1週間程度で痛みは治まるようですが、ほおって置くと再発しますし、気付かないうちに慢性化します。
痛風の発作が起こったら、早めに病院で治療を受けましょう。

高尿酸血症、痛風の予防は、こまめな水分補給と、アルコールを控えること、プリン体の多い食品んばかり摂らずバランスよく食事をして軽い運動をすることです。
激しい運動は、尿酸の量が増えるので、逆効果です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<ピースマイル | アンチエイジングとは >>