LINKS
ARCHIVES
TAGS
ホルモンバランスの異常と病気
女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つがあります。
この2つのバランスが崩れることでさまざまな病気の原因となるようです。


女性の体は男性に比べ、ホルモンの影響を受けやすく、デリケートです。
ストレスがかかりすぎたり、疲労などでホルモンバランスが乱れ、月経異常を起こします。

異常の症状を放っておくと、ホルモン治療などをおこなってもバランスの崩れた状態が改善されず、不妊症になることもあります。

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる女性の病気には、多のう胞性卵巣症候群というものがあります。
多のう胞性卵巣症候群は、女性ホルモンの黄体形成ホルモンが過剰に分泌されることで起こり、月経異常や不妊症、多毛などの原因になります。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<ボーズ ウェーブ ミュージック システム | 加齢によるシミ >>