LINKS
ARCHIVES
TAGS
ビタミン不足だとどうなるか?
ビタミンは人間のカラダが正常に機能するために必要な栄養素ですが、基本的にはビタミンを体の中で生成することができません。

さらに、水溶性ビタミンの場合、吸収できなかった分はカラダの外に排出されるため、毎日必要な量を摂る必要があります。

ビタミンが不足した場合、初期症状としては、カラダにだるさがあったり、食欲不振や、肌荒れ、風邪などの症状が出て、さらに進むと、ビタミン欠乏症にかかります。

ビタミン欠乏所の代表的な例は、かっけです。
かっけの症状は、カラダがだるくなり、手足のむくみ、血圧の低下、心臓の肥大などがあげられます。
これはビタミンB1の不足によるものです。

このほかにも、ビタミンCの欠乏で起こる壊血症などがあります。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<むくみのセルフケア | 乾燥肌のお手入れ >>