LINKS
ARCHIVES
TAGS
コレステロール
コレステロール値を下げる方法として挙げられるのが食事療法、運動療法、薬物療法があります。

薬物療法は、動脈硬化の危険性が高い人や遺伝的素質がある人の場合だけです。

コレステロールというのは通常カラダに必要なもので、むやみに薬を使って下げることはお勧めできないからです。

基本的には食事療法や運動療法を続けることでコレステロール値を下げる効果は期待できますが、それでも効果が無いときは専門医の診断を受けることが大事です。

食事療法で気をつけることは、脂肪を摂り過ぎないことです。肉の脂身など同ぶるせい脂肪に含まれる飽和脂肪酸が良くありません。

摂っていいものは、魚やオリーブ油などの植物性脂肪酸に含まれる不飽和脂肪酸です。この不飽和脂肪酸は、コレステロールの産生をおさえ、血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。

食物繊維を多く摂ったり、ダイズ製品や緑黄色野菜を摂ることもコレステロールがたまるのを防ぐのに役立ちます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<春の新色 | アロマテラピーの目的 >>