LINKS
ARCHIVES
TAGS
ウーロン茶はダイエットに?
ウーロン茶は、出始めのころ、「ダイエットに効果的」といったことが言われていましたが、
本当に効果的なんでしょうか?

ウーロン茶は、半発酵のお茶で、カテキンが化学反応を起こし、ウーロン茶ポリフェノールになります。
ウーロン茶ポリフェノールは脂肪の吸収を抑える働きがあり、老廃物を排泄します。
なので、いわゆる水太りという人には効果的です。

ですが、飲みすぎは、胃が荒れたり、栄養分まで排泄されてしまうので、注意が必要です。
ウーロン茶には、鉄分の吸収を妨げるタンニンが含まれているので、妊婦などは飲みすぎに注意です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
白髪の原因
白髪が生えてくる原因は、未だはっきりしません。

白髪の原因は、遺伝が関係していると考えられていて、白髪と同じように髪の毛が抜ける症状も遺伝だと言われています。

白髪の原因のもう一つは、加齢があげられ、髪の毛の黒い色を維持しているメラノサイトの働きが衰えてくるのが原因です。
また、日々の生活習慣とも関係があり、健康と同じように、生活習慣がよくないと、メラノサイトの働きが低下するといわれています。

昔から、よく、悩みがあったり苦労をすると白髪になるといわれています。
これは、ストレスが関係しているということです。

そのほか、貧血気味の人は白髪になりやすいとか、季節の変わり目や頭皮のケアの仕方によって白髪が増えるなど、さまざまな説があります。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ボーズ ウェーブ ミュージック システム
BOSEのウェーブミュージックシステムを買いました。

かなり長い間欲しいと思っていたので、とうとうといった感じです。

ウェーブミュージックシステムは、基本的にCD、FM/AMラジオしか聞けません。
外付けでiPodを使って聞くこともできます。
しかも、CDは1枚しか入れられません。チェンジャーを付けると合計4枚入れることができます・・(4枚って・・・)

ちっちゃなリモコン付きで、全部の操作はリモコンで行います。

トーンコントロールなどもありません。

良く言えばシンプルで分かりやすいです。

音は~・・この大きさでこの音ならすごいといったかんじでしょうか。
普段、PCにBOSEのスピーカーを取り付けて左右両側に置いているので、そちらのほうがいいかな・・・

BOSEの直営店に行って、実際に聴いてみて買ったのですが、お店の人が、ウェーブミュージックシステムを置く場所によっても音が違いますよーとのことでした。

買ってから思ったのですが、かなりの重低音なのですね。
そのため、ある程度の音のボリュームで迫力あるサウンドを楽しみたいという人にオススメです。

あと、買うときにヨドバシとかで探していたんですが、「ダイレクト販売限定商品」だそうで、BOSEでしか販売されていないそうです。。。


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ホルモンバランスの異常と病気
女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つがあります。
この2つのバランスが崩れることでさまざまな病気の原因となるようです。


女性の体は男性に比べ、ホルモンの影響を受けやすく、デリケートです。
ストレスがかかりすぎたり、疲労などでホルモンバランスが乱れ、月経異常を起こします。

異常の症状を放っておくと、ホルモン治療などをおこなってもバランスの崩れた状態が改善されず、不妊症になることもあります。

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる女性の病気には、多のう胞性卵巣症候群というものがあります。
多のう胞性卵巣症候群は、女性ホルモンの黄体形成ホルモンが過剰に分泌されることで起こり、月経異常や不妊症、多毛などの原因になります。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
加齢によるシミ
シミは、年齢を重ねることで現れるトラブルの一つで、30歳を過ぎた頃から、症状が出始めます。
シミがある顔は、老け顔に見せる要因になるので、なるべくなら全く無いほうがいいですよね。
しかも、シミは一度現れると、なかなか消えません。
最近は、シミの原因の多くは紫外線で、紫外線を浴びないようにする方法がいろいろ考えられています。
また、以前は、紫外線は夏に注意という考え方が一般的でしたが、近頃は一年中を通して気にしなければならないということになってきています。
紫外線を避ける方法は、簡単なものでは、日焼け止め化粧品を使うということです。
ただ、日焼け止めは一度塗ったらそれで終わりということはないので、何度か塗りなおす必要があったりするので、日傘や帽子、手袋などを併用している人も多いようです。
一年中必要といっても、やはりこの時期が一番強いので、今が一番注意しなければなりませんよね。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ピースマイル
ベネッセは、赤ちゃんがいるお母さんなら誰でも気になるいろいろな雑誌を出している会社で、そのベネッセが運営している通販のウェブサイトは、子供服専用の通販で、ピースマイルといいます。
ピースマイルは、子供服の通販としてはとても人気が高いです。
もうすでに利用している人もたくさんいると思います。

ピースマイルでは、たくさんのお母さんが見たことのある雑誌、"たまごクラブ"や"ひよこクラブ"などで紹介しているグッズを買うことができます。

そのときの流行を取り入れた子供服が多数揃っていて、値段も手ごろです。
通販なら、赤ちゃんがいるお母さんでも、わざわざお買い物に出かけていかなくてもいいので、便利ですよね。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
プリン体
プリン体って、なんかプリンみたいでおいしそうだしかわいいんですが、いったいなんなんでしょう。

プリン体は、細部内の遺伝子を形作る核酸を構成する成分の一つです。
人間の体はもちろん、植物や動物などさまざまな生物の細胞にあって、ほとんど全ての食品に含まれています。
特にプリン体の多い食品は、レバーや白子、うに、エビ、カニなどです。

プリン体は分解されて尿酸に変わりますが、尿酸が増えすぎると、高尿酸血症になり、痛風を引き起こします。
痛風は歳をとった人の病気と思われていますが、最近食生活の欧米化が進むにつれ20~30代の痛風が増えています。

痛風は、患者の90%が男性です。痛風とは高尿酸血症が原因で起こる関節炎。その炎症は足の親指に多く起こります。一般的には1週間程度で痛みは治まるようですが、ほおって置くと再発しますし、気付かないうちに慢性化します。
痛風の発作が起こったら、早めに病院で治療を受けましょう。

高尿酸血症、痛風の予防は、こまめな水分補給と、アルコールを控えること、プリン体の多い食品んばかり摂らずバランスよく食事をして軽い運動をすることです。
激しい運動は、尿酸の量が増えるので、逆効果です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
アンチエイジングとは
アンチエイジングというと、高い化粧品を使ったり、エステに行ったりといったことを思い浮かべがちですが、それだけではありません。

たとえば、腸の老化は便秘となって現れ、腸の若さを保ち、アンチエイジングするためには、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす食事をこころがけたり、食物繊維や水分を気をつけて摂ったり、運動する習慣を身につけるなどといったことが必要です。

日常から、健康な生活を心がけることで、腸の老化を防ぐことで、腸も若々しく保たれ、さらに、肌荒れなどの症状も改善されるという効果も期待できます。

アンチエイジングの基本は、規則正しい健康的な生活を送ることです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
豊胸術の費用
豊胸手術にかかる費用は、クリニックによっても違うと思います。

特別なバッグを使用したり、2カップ以上のバストアップ希望など特別ものだと、それだけ費用もかかることになります。

かなり安く価格を設定しているクリニックもありますが、そういったクリニックを利用するときは、アフターケアなどしっかりとしているのかどうかといったような心配が出てきます。

ホームページなどで記載されている値段には、麻酔料金やバッグ代などが含まれていないという場合もあるので、カウンセリングのときには、きちんと料金の確認をしておくようにしましょう。

現金の他にも、クレジットカードや医療用のローンなどが組める場合もあります。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ストレスと皮脂の関係
にきびの原因のひとつである皮脂は、男性ホルモンのはたらきによって分泌が過剰になることがわかっています。

男性ホルモンは、元々女性にもあるホルモンで、その分泌量が盛んになる時期というのが思春期です。

女性の男性ホルモン値がピークになるのがこの16歳~20歳の頃ですが、実は30歳代後半から40歳代にかけても男性ホルモン値が高くなります。そのため2度目の皮脂分泌時期を迎えます。

それは、女性は30歳代後半になると女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が少なくなるためです。

ですが、本来なら30歳代後半から始まる男性ホルモン値のピークが、働く女性が増え、ストレスなどから、女性ホルモンのエストロゲンが低下し、20歳代後半に早まってきているというケースも増えているようです。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する