checker

美容と健康その他いろいろ
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ドライヤーの使い方

私の場合、夏に関しては、扇風機で乾かすケースもありますが、ドライヤーを使うより扇風機のほうが髪の毛のお手入れするというようなことになっています。
髪の毛のお手入れとは髪の毛を労わって、ケアしてあげるというようなことです。

ですが、そのドライヤーから出てくる熱風を触ったというようなことはありますか?
意外と温度がかなり高くてやけどしいような感じになります。
そんな熱風を髪に当てているんですから、長い時間、熱風を浴びた髪の毛、地肌はダメージを受ける感じのことも当たり前です。

次に、ドライヤーを使うと、つい髪の毛を乾燥させすぎてしまうようなことです。
例としては、美容院では、いくらかしっかりとタオルで水分を拭き取ってから、ドライヤーを開始するのです。
また、80パーセントくらい乾いたらドライヤーを止めます。
あとの20パーセントは自然乾燥にするんです。
これが乾燥しすぎないためによい髪の毛のお手入れの方法です。
私もそうですが、一般的に、つい、完全に髪が乾くまで、ドライヤーを使ってしまいます。
テレビを見ながら、実際、何かをしながら、実際、ドライヤーを当てていると、髪の乾いた度合いがわかりませんから気をつけましょう。
ドライヤーを当てる時間が短ければ短い適度なでしょう。

また、すでに乾燥した髪をドライヤーで整えるような場合は、何か髪の毛のお手入れになるようなものを髪に塗ることが必須です。
私は整髪料や、椿油を使っています。
そして、近頃では、髪の毛のお手入れできるイオンドライヤーと言う感じのものも発売されていますので、痛みが気になる方は、試してみるとよいと思います。
固定リンク | この記事を編集する | comments(0) | trackbacks(0)

くま対応策は血流がカギ

目の下にできるくまは、人の外見やあるいは、人相を大きく変えるもんです。

その多くに関しては体調によってできるものなんですが、なかには慢性的にくまがあるような人もいます。

くまはどうしてできるものか、実際、ご存知でしょうか。

要因は血流に関しての悪化です。

目の周囲はお肌がとても薄く、他の顔の部分と比べてもだいたい3分の1くらいの薄さです。

その為、目の周囲の血流が悪化して滞ると、その血液がお肌から透けて見えるんです。

これがくまなんです。

目の周囲の血液が滞る要因としては、睡眠不足がもっとも著名です。

しかしそれ以外にも、疲労、あるいは、ストレスなど、さまざまな要因があります。

気になるくまの回復仕方は、目の周囲を定期的にマッサージして、きちんとツボを押す感じの事が挙げられます。

煙草によって毛細血管が収縮してしまう事も実際にあるので、禁煙も有効です。
固定リンク | この記事を編集する | comments(0) | trackbacks(0)

わきのケア

今わきのむだ毛ケア用として販売されているカミソリがかなり多くありますが、昔のようにただのカミソリではなくて、保湿機能が実際に加わったものや、肌にやさしいタイプのがとてもかなり多く販売されています。

カミソリとセットで、実際に専用クリームもついているような場合もあります。

そんな高機能なカミソリでもやっぱり使用する感じの場所は選んだほうがよいと言えるでしょう。

特にデリケートなわきに関してはどのように高機能なカミソリであっても、あまり使用しないほうが賢明です。

昔のカミソリよりもダメージが少ないと思いますが、それでも思った以上に、実際、カミソリによるわきへのダメージは大きいんです。
固定リンク | この記事を編集する | comments(0) | trackbacks(0)

お肌の構造

お肌は、一枚の膜でできているようにだいたい思われがちですが、実際に関してはも重なっています。

外から順に、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3つです。

このうち、お肌のお手入れによって回復可能なのは、実際に表皮と真皮です。

この2つの厚さはだいたい2mm程度。

表皮に至っては0.2mmと大変薄いもんです。

また、その表皮のさらに外側、体のもっとも前にある皮は「角質層」と呼ばれています。

その厚さは実に、実際、0.02mmです。

ここが、体を刺激から守る感じのバリアの役目を果たしているんです。

つまり、角質層を丈夫にきちんとしっかりとしておけば、外からの刺激によるお肌へのダメージをかなり軽減させる感じのことができるという訳です。

お肌の構造を覚えるにあたり、角質層に関しては大変重要なキーワードとなってきます。

角質層をいかに守るかという感じのことが、お肌のお手入れの第一歩と言っても差し支えないでしょう。

ちなみに、皮下組織はおもに脂肪です。
固定リンク | この記事を編集する | comments(0) | trackbacks(0)

エイジングスキンの回復法(肝斑)

加齢が直接の要因だとされるエイジングスキンの症状の一つとして「肝斑(かんぱん)」があります。

肝斑は、紫外線などは、実際、とくに関係性なく発症すると言われているしみの一種ですが、30代以降の方々のかなり多くに見られる症状です。

頬骨のあたりや口元等に、左右対称に現れるもわっとした感じのしみですので、なんとなく見分けがつくだろうと思います。

この肝斑ですが、近頃はコマーシャル等でもよく見かけるように、薬で消す感じのことができるしみです。

肝斑に関してのコマーシャルを展開している感じの第一三共ヘルスケアというような会社が発売している「トランシーノ」という、のみ薬がかなり効果的のようです。

トランシーノに関しては、一般の美白化粧品な一体どのように、肌に直接つけるようなものではなく、服用するもんです。

肝斑は、紫外線によってできてしまうしみとは異なり、美容外科のレーザー治療などでは、だいたい悪くなると言われています。

ですから、今のところは、このような飲み薬で体内から回復してゆく感じのものがもっとも近道である感じのこともあるでしょう。
固定リンク | この記事を編集する | comments(0) | trackbacks(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
TAGS
ARCHIVES
OTHERS